Before

新しい香りの技術を用いた柔軟剤新商品のネーミング。渾身の技術なので香りの良さを商品名からもアピールしたい。根拠を求められるので市場調査したいけれど、経費削減によって調査回数は制限されるし、結果が出るまでの時間が長くて期日までに間に合わせられるかが悩ましい。

After

ネーミングのアナリティクスなら、消費者が感じる音韻印象を瞬時にその場で可視化。調査結果を待つ必要が無いため、焦る必要がなく経費削減しながら効率的にネーミング案をブラッシュアップが出来るようになった。

日用品メーカーA社

リサーチ会社や自社で実施していた調査・分析を置き換え

柔軟剤企画担当者の悩み
柔軟剤企画担当者の悩みをAIが解決
柔軟剤企画担当者の悩みをAIが解決
 

Before

デザイナーがあげてくれた飴のパッケージアイディア、いつも感覚的に選んでしまっているけれど、本当は根拠付きで選出して売り上げ貢献していることを社内に示して行きたい。今回は「陽気さ」や「楽しさ」がコンセプトだからコンセプトの伝わるものを選定したいけれど、でも市場調査をするほどの予算は無い。

After

パッケージのアナリティクスなら、画像をアップロードするだけで色彩印象をグラフで可視化。複数のアイディアの中から消費者に届けたい感性価値を持ったパッケージを根拠を持って選出することが可能に。視覚的に分かりやすい選出根拠を用いることで、社内での納得度が上がり所属部署の存在感を示すことも出来た。

お菓子メーカーB社

デザイナーへ委託する場合のデザイン選出根拠づけ

お菓子メーカーの担当者を不審がる同期
お菓子メーカーの悩みをAIが解決
お菓子メーカーの担当者の悩み
 

Before

広告代理店として、ハンドソープのキャッチコピー案をクライアントに納品しているが、長年の勘や知見で案を作成しているので、その根拠を示すのが難しくクライアントの納得を得難い。

After

キャッチコピーのアナリティクスなら、消費者が感じる感性的な印象を瞬時にその場でグラフとして可視化。何度でも評価を行うことが可能なので、納品するアイディアを考える段階からすべてのキャッチコピーを評価出来るように。感覚的な知見の根拠が示せることで、納品がスムーズになり依頼案件も増加した。

広告代理店C社

クライアントへの提案の裏付け資料として提出

広告代理店の方の悩みをAIが解決
広告代理店の提案を受けるクライアントの悩み
広告代理店の方が根拠の示し方に悩む
感性AI株式会社