Before

キラキラしたイメージがコンセプトの新商品サイダーのネーミング案を検討中。単価が安いと聞き、ネーミングコンペサービスを使ってみたけど1回の発注だけでは決定打がなく再検討に。でも再度発注する時間も費用も無く、どうしようかと悩まされている。

After

ネーミングブレストなら、入力したコンセプトから広がる連想ワードから直感的にワード選択していくだけで、無限にネーミング案をAIが生成。ネーミングの生成方法もチェック可能なため社内での説明もスムーズ。さらにネーミングのアナリティクスを併用すれば、音韻印象や連想語も可視化できるためグラフからネーミング決定根拠に関する社内資料も作成可能に。ネーミングコンペ一回分の費用だけで月額使い放題だから、コスト削減しながら納得するまで検討を重ねられるようになった。

飲料メーカーD社

ネーミングコンペサービスを使用し感じた課題の解決

D社課題.png
D社解決.png
感性AI株式会社