• 管理者 感性AI

「感性AIアナリティクス - 語感チェッカー」サービスを提供開始

2020年10月1日(木)から、AI(人工知能)によって商品名に対する音の響き・印象を評価するサービスをリニューアルし、「感性AIアナリティクス – 語感チェッカー」として、法人向けに提供を開始します。評価できる対象が商品名だけでなくキャッチフレーズや広告コピーなどに増え、より幅広い用途で利用できます。


これまでのサービスは、商品名などのネーミングのみを対象としていましたが、今回のリニューアルでは、キャッチフレーズや広告コピーなどのキーワードも評価ができるようになり、利用用途が広がります。訴求したい商品等のイメージをより適切に表現するためのネーミング・広告コピーの選定に役立てられます。また、料金制度を評価回数ごとの課金制度に変更し、より利用しやすくなっています。


さらに、10月1日(木)~11月30日(月)に、新規にアカウント登録したお客さまを対象に本サービスを1回無料で利用できるキャンペーンを実施します。


詳細は以下のニュースリリースをご覧ください。


ニュースリリース
















108回の閲覧

最新記事

すべて表示

株式会社タスキ、国立大学法人電気通信大学、感性AI株式会社は、三者共同で「最先端テクノロジー活用による不動産価値流通の研究」を開始

株式会社タスキ(本社:東京都港区、代表取締役社長:村田 浩司、証券コード:2987)と国立大学法人電気通信大学(所在:東京都調布市、学長:田野俊一)および感性AI株式会社(本社:東京都調布市、代表取締役社長CEO:虻川 勝彦)は、「最先端テクノロジー活用による不動産価値流通の研究」をテーマとする産学連携共同研究を開始します。 <ニュースリリース> 株式会社タスキ、国立大学法人電気通信大学、感性AI

日経クロステックにインタビューが掲載(CEO虻川勝彦)

CEO虻川が弊社サービス「感性AIアナリティクス - 語感チェッカー」に関するインタビューを受けた記事が、日経クロステックに掲載されました。 記事の内容は以下の Webサイトをご覧ください。 https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/04730/

© 2019 KANSEI-AI

  • Facebook