​質感シミュレーター(β版)

AIによる製品の印象のシミュレーションで

開発コストを削減

質感シミュレーターでできること

質感シミュレーターでは、製品開発の工程で、AIを活用してイメージする質感を

シミュレーションすることができます。


現行の製品画像をアップロードし、画面上で様々な質感に変換することができます。
そして、シミュレーションで決定した質感にするための材料の物性値を推定し、ご提案させていただきます。


製品を試作することなくシステム上でシミュレーションし、物性値の推定が可能になることで、

開発コスト削減や効率化につながります。

マフラーの質感のシミュレーションの例

オリジナル

​もっともこもこ

​もっともこもこ

​もっともこもこ

ご利用イメージ

製品開発のコスト削減、スピード短縮に

「もう少しゴツゴツした感じにしたい」「もっとモコモコに」という感性的なイメージについて、システム上でシミュレーションができるので、製品を試作するコスト削減につながります。

そして、シミュレーション上で決定した質感にするための材料の物性値を推定することができるので、開発スピードの短縮が可能になります。

アパレル業界における

コミュニケーションツールとして

デザインにおけるコミュニケーションツールとして、求める質感イメージをシミュレーションし画面上で認識を合わせることによりすることによって、作業効率向上に役立てることができます。
お持ちの素材データで、素材レコメンドシステムを実装することも可能です。

お気軽にお問い合わせください。

​担当者がデモ画面を用いて簡単にご説明させていただきます。

© 2019 KANSEI-AI

  • Facebook