top of page
  • 管理者 感性AI

パッケージデザインの課題をAIで解決

更新日:4月10日

パッケージデザインの重要性


パッケージデザイン


パッケージデザインは、商品の第一印象であり、魅力的なデザインにすることで顧客の注意を引くことで商品に興味を持ってもらうことが出来ます。また、パッケージデザインは商品のコンセプトを端的に伝える役割もあり、そこから顧客は商品の中身やそのベネフィットを想像する為、商品コンセプトと一致させることがとても重要となります。



パッケージデザイン評価の課題


このような、商品提供において重要となるパッケージデザインですが、そのパッケージから伝わるイメージや第一印象が魅力的かどうかを定量的に把握するためには、調査会社に依頼をして時間・費用をかけて消費者アンケートを取っていく必要があります。しかし、この方法では費用のかけられないブランドが出てきてしまったり、結果が戻ってくるまでに数カ月かかってしまうために開発サイクルに組み込めない等様々な課題感があります。

一方、勘などで決めてしまうとそのチームの属性(若い方が多い、女性が多い等)によってターゲットとの感覚のずれが生じてしまう恐れや、そもそも少人数の感覚では市場に多くいるターゲットに一番刺さるものをしっかりと決められない恐れもあります。



パッケージデザインを定量的に分析するAI


そこで、感性AIでは、パッケージデザインの消費者イメージを大量に学習したAIによって、ご自身のPC上で瞬時に定量的にパッケージデザインを評価できる支援をさせて頂いております。今回は、その手順について、どのようにパッケージ評価を行っていくのかをご紹介したいと思います。



評価手順


手順① まずはこちらの画面で「画像を追加」を選んでいただくと、画像ファイルをアップロードすることが出来るので、評価したい画像をアップロードします。



AIによるパッケージデザイン評価


今回はこちらのパッケージデザイン3つを比較したかったので、1枚ずつにトリミングし、評価したい画像3枚をアップロードしました。



評価対象となるパッケージデザイン



手順② 画像が準備出来たら、評価するセグメントを選択します。セグメントは、性別、年代、性年代から選択することが可能で、全員を対象にすることも可能です。そして、「評価する」をクリックします。

分析の方法はたったこれだけです!とっても簡単ですね。



評価結果


それでは、評価結果がどのように出力されるのか、詳しく確認していきましょう。結果として確認できるのは、①総合評価、②ご自身で着目したい項目によるレーダーチャートの作成、③与える印象のランキング④感性尺度43尺度分の定量評価結果、の4つになります。



まず、総合評価を確認してきましょう。総合評価では「好意度」「共感性」「インパクト」「品質感」の4項目を確認することが可能です。今回のパッケージデザインでは、真ん中の黄色いパッケージデザイン(パッケージデザイン2)が、好意度、共感性、インパクト、品質感の4項目すべてにおいて最も高い結果ですが、3つの結果には大きく差がないということが分かります。


AIによるパッケージデザイン評価


続いてレーダーチャートですが、こちらはご自身でパッケージデザインの評価の観点を選んでいただくことが可能です。例えば、今回の商品のコンセプトが「最先端技術を用いた上質な化粧品」であった場合、そのコンセプトがパッケージデザインにおいてしっかりと表現出来ているのかをこのチャートで比較・確認することが出来ます。

今回はコンセプトに関連のある「現代風な」「上品な」「繊細な」に加えて、「嬉しい」「洋風な」「爽やかな」に関してもレーダーチャートで表示してみました。「現代風な」「上品な」「繊細な」に関して得点が高いのはピンク色のパッケージデザイン1であると確認できます。また、黄色のパッケージデザイン2は現代風な印象が少し下がりますが、一方で爽やかな印象を持っています。緑のパッケージデザイン3は上品な印象が少し下がりますが、嬉しい印象を持っています。コンセプトを一番伝えられそうなのはピンクのパッケージデザイン1ですが、他のパッケージデザインの特徴も含めどれで決定するのか、このように定量的に評価していくことが可能です。



AIによるパッケージデザイン評価



続いて、結果の3つ目である与える印象のランキングです。こちらはパッケージデザインが与える印象の大きい順序で印象をソートして確認することが出来ます。表示させる印象の個数もご自身で操作して頂くことが出来、最大42尺度まで表示させることが可能です。

今回は15項目で表示をしています。



AIによるパッケージデザイン評価



そして最後は感性尺度43尺度分の定量評価結果です。こちらでは、パッケージデザインの印象に関して43尺度分の定量評価結果が見られるだけでなく、モデルの評価値分布(平均値など)と比較する機能がついております。例えば、こちらはピンク色のパッケージデザイン1の評価結果を示しておりますが、上から2番目の「温かい」という項目に関して、グレーの長方形が一般的なパッケージデザインの評価結果の範囲になるので、そこに比べてパッケージデザイン2はとても温かみを感じるデザインになっているということを判断することが可能です。



AIによるパッケージデザイン評価



いかがでしたでしょうか?このように、感性AIアナリティクスを活用することで、パッケージデザインの評価を定量化し、これにより、商品の競争力を高めるために重要なデザインの要素を的確に把握し、改善し、効率的に意思決定を行うことができます。

より魅力的で効果的なパッケージデザインを実現し、顧客の興味を引きつけ、ぜひ商品の成功に繋げていきましょう。





ネーミング、キャッチコピー、パッケージを評価するAI

今回利用したパッケージデザインの定量評価を行える感性AIアナリティクスの詳細はこちら






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



弊社ではこのような技術等を紹介するメールマガジンを発行しています。

購読をご希望される場合は、Contactページからご連絡をお願いします。

Facebookでも情報更新しています!


閲覧数:406回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

感性AI
bottom of page