top of page
  • 執筆者の写真管理者 感性AI

連想語マップから消費者インサイトを深堀り ―消費者の健康ニーズを満たすお菓子の企画―

更新日:2023年9月20日


消費者インサイトを深堀りするための手法の一つとして、連想語マップの活用があります。連想語マップは、人々の心理的な関連性や意味のつながりを可視化するツールです。これにより、消費者の心理や行動の背後にある思考や感情を理解することができます。


そして、連想語マップを用いることで、私たちは消費者の心の中にある潜在的な要素や動機を発見し、それを製品開発やマーケティング戦略に活かすことができます。また、競合他社との差別化やニッチ市場の発見にも役立つでしょう。


どのような出力結果が出るのか、消費者の健康ニーズを満たすお菓子を企画する場面を考えてみましょう。


例えば、女性20代が健康から連想する言葉は以下の通りになります。



ボディメイクや美容に関するワードが連想の中心になっていることが分かります。

このような連想は容易に思いつきますが、それ以外の連想に「ヨガ」「ココロ」「栄養」といったワードが見られます。

このようなワードから「ヨガの食事は、サットヴァ(純粋で清らかなエネルギー)を促進する食材を選ぶことを重視します。あなたも商品●●で心と体を満たしませんか?」といったコンセプトのお菓子が他社と差別化して企画できそうです。



今度は、男性50代が健康から連想する言葉を見てみましょう。

糖尿病や肥満、運動不足など、生活習慣病に関わるワードが多く連想されています。

また、ストレスもかかり、健康診断の結果が気になる・・・といった心情も読み取れます。

ここから、「ストレス世代の健康診断前に」といったコンセプトで商品を企画していくことが考えられます。



連想語マップではワードを直感的に入力しマップを探索していくだけで、手軽に消費者の本音や欲求をより深く理解することができました。このような形で、連想語マップを用いることで、より価値ある製品やサービスを提供に繋げることができると考えております。


連想語マップの出力を行える、感性AIアナリティクスの詳細はこちら




 


弊社ではこのような技術等を紹介するメールマガジンを発行しています。

購読をご希望される場合は、Contactページからご連絡をお願いします。

Facebookでも情報更新しています!

閲覧数:143回
サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

bottom of page