top of page
  • 管理者 感性AI

バレンタインデザインから伝える思いを可視化

バレンタイン

もうすぐバレンタイン。もともと女性が好きな男性に対して思いを伝える文化でしたが、最近では友達やお世話になっている人にチョコレートを渡す文化もありますよね。そんなバレンタインですが、思いを伝える手段として利用されるため、そのパッケージや広告による商品イメージのブランディングはとても重要な役割となります。季節限定の為、このタイミングのみ発売するものなので、そのデザインについては検討期間が短く印象を吟味することが難しいかもしれません。そこで、今回はそんなときでもご自身のPC上で瞬時にAIによって定量評価できる感性AIアナリティクスを用いて、バレンタインのイメージ画像を評価してみました。


今回評価したデザインはこちらの3デザイン。皆さんは、それぞれに対してどのようなイメージを持たれるでしょうか?



AIによるデザイン評価

左から デザイン①、デザイン②、デザイン③


そして、AIによる評価結果はこちらです。

まずは総合評価から。どちらのデザインも好意度や品質感には差が無く、同程度の総合評価です。共感性のみ、デザイン①が他に比べ少し高い結果となりました。



AIによるデザイン評価


次に、総合評価に至るまでの、それぞれの質的な評価がどのようになっているのかを確認していきます。デザイン①は陽気で派手さもありながら、上品な印象も兼ね備えた印象です。確かに、全体的に陽気で明るい印象が感じられつつ、書体から上品で大人びた印象が感じられます。そしてデザイン②は、デザイン①と同じく上品さや洗練された印象も持ちつつも、落ち着いた温かみのある印象であることが分かります。使われている色のイメージや、シンプルなデザインからこのような印象を持たれているのかもしれません。そして、デザイン③は温かく落ち着いた、そして少し複雑な印象です。確かに、他のデザインがシンプルなため、それに比べると複雑であることが分かります。




AIによるデザイン評価




いかがでしたでしょうか?商品開発において、定量評価はお金も時間もかかるイメージですが、このようにバレンタインに関するデザインから感じられるなんとなくのイメージをAIによって定量評価することで、消費者の伝えたいメッセージに合った商品の開発が可能となります。



ネーミング、キャッチコピー、パッケージを評価するAI


 


弊社ではこのような技術等を紹介するメールマガジンを発行しています。

購読をご希望される場合は、Contactページからご連絡をお願いします。

Facebookでも情報更新しています!




閲覧数:24回

関連記事

すべて表示
サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

bottom of page