top of page
  • 管理者 感性AI

Z世代に効くのは「もちもち」食感!?


これからの消費の鍵を握るZ世代。そのZ世代に刺さる食のキーワードとして浮かび上がるのが、「もちもち」食感です。もちもちした食べ物には、大福、わらび餅、うどん、チヂミ、ベーグル・・・など様々なものがあり、どの世代にも親しまれています。そんな日本人の味覚を捉えて離さない「もちもち」食感ですが、Z世代でブームになる食べ物には、常にもちもち食感のものが含まれてきました。




タピオカ

もちもちしたタピオカ

1つ目はタピオカです。数年前にブームとなったタピオカですが、もちもちとした食感で優しい味わいのドリンクが人気となっています。タピオカはもともとキャッサバと呼ばれる植物のでんぷんから作られており、ミルクティーやフルーツティーなどの様々なドリンクに加えることで楽しまれています。可愛いパッケージにつぶつぶタピオカのインスタ映えもはやりの要因として考えられますが、ここまで長く愛されるにはあの食感をまた楽しみたい!という「もちもち」食感が効いているのではないでしょうか。



カヌレ

もちもちしたカヌレ

2つ目のZ世代で流行している食べ物は、カヌレ。フランス発祥の伝統的な焼き菓子で、外側はカリッと焼かれ、内側はもっちりとした食感が特徴です。最近では専門店も多く出店されており、半熟カヌレやクリームをたっぷりつけていただくカヌレなど、様々なタイプのカヌレが発売されています。また、手作り用の動画が流行したり、カヌレの味わいを楽しめるグミが発売されるなど、お店で食べる以外にも広がりをみせています。



グミ


もちもちしたグミ

3つ目のZ世代で流行している食べ物は、グミ。近年流行りだした「地球グミ」を皮切りに、「水グミ」「雲グミ」など様々なグミがZ世代の間でブームとなっています。地球グミはふわふわ・もちもちした独特の食感がありますが、ブームとなっているグミは見た目の可愛さ・インパクトに留まらず「もちもち」を起点として独特の食感を生み出せることがヒットの要因なのではないでしょうか?例えば、「しゃりもにグミ」は歯ざわりの良いパウダーの中に、もにもにしたグミが特徴的。「グミッツェル」はプレッツェルをイメージしており外側がパリッと、中身はしっとりとした食感で、次世代食感グミとして発売されています。



ライスペーパー

もちもちしたライスペーパー

4つ目のZ世代で流行している食べ物は、ライスペーパー。ライスペーパーとは主にアジアの料理で生春巻き等さまざまな料理で包み材として利用されることで有名です。このライスペーパーですが、女子大生がダイエットのためにライスペーパーを使ったレシピをSNSで紹介したことからZ世代を中心に話題となっており、ピザやトッポギ、お好み焼きといった食事系だけでなく、スイーツなど新たな食べ方によって広がりを見せているようです。



Z世代の心を掴む「もちもち」


このように「もちもち」食感がZ世代の食文化において重要な役割を果たしていることを振り返ると、今後のトレンドにもまた新たなもちもち食感のアイディアが期待されます。社会的な共有の場としてのSNSやインフルエンサーの影響が大きいZ世代において、「もちもち」は視覚的なインパクトと相まって、瞬く間に広がっていきます。新商品の発表や既存の食品のアレンジ、レシピのシェアなど、将来的にはより多様で斬新もちもち食感が登場し、食文化の進化を牽引していくことでしょう。




 

弊社ではこのような技術等を紹介するメールマガジンを発行しています。

購読をご希望される場合は、Contactページからご連絡をお願いします。

Facebookでも情報更新しています!


閲覧数:33回

関連記事

すべて表示
サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

bottom of page