top of page
  • 管理者 感性AI

【クリエイティブAIによる歌詞生成の取り組み】 感性AIの文章生成AI技術を活用したAI作詞家 VTuber「fuwari(ふわり)」、作詞曲第弾が 4/26 リリース

更新日:2023年9月15日

感性AIの文章生成AI技術を活用して作詞するAI作詞家VTuber「fuwari(ふわり)」の第5弾作詞楽曲が、4月 26 日にリリースします。


感性AI株式会社では、国立大学電気通信大学坂本研究室で長年培った、人の感性に関する 応用範囲の広い特許技術・知財、心理・分析データ、ノウハウにAI関連技術を融合させた 「感性評価AI」及び「クリエイティブAI」をコア技術としながら、感性価値創造をサポー トする幅広いサービスメニュー開発を進めています。

AIによる歌詞生成の取組みは「クリエイティブAI」のひとつとして取り組んでおり、クリエイターの創作活動の効率化に寄与し、 新たな作品創出の活性化を促進することができると考えています。


今回、AI作詞楽曲第5弾としてリリースされる「FUWALUTION」は、文章生成AIに加え、キーワードからオノマトペを生成する感性AIのオノマトペ生成AIも使って作詞に挑戦しています。


詳細は以下のニュースリリースをご覧ください。

20230424news
.pdf
Download PDF • 830KB





【AI作詞方法】


閲覧数:30回

関連記事

すべて表示

日経クロステック「2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか?」に坂本のインタビュー記事が掲載

日経クロステックActiveに、電気通信大学副学長坂本と日経BP総合研究所 イノベーションICTラボ所長 大和田 尚孝氏による「明日のAI活用を読む 2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか?」が掲載されました。坂本は弊社COOに就任しております。 ぜひご覧ください。 2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか? https://activ

サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

bottom of page