top of page
  • 管理者 感性AI

森永製菓株式会社様・国立大学法人電気通信大学の共同研究において感性評価AIを活用いただきました



第 25 回日本感性工学会大会で発表された、森永製菓株式会社と国立大学法人電気通信大学坂本教授との共同研究「子供におけるソフトキャンディ・グミの食感と幸福感の関係に関する研究」において、

ソフトキャンディまたはグミを食べた時に感じたオノマトペ(さくさく、ふんわり等の擬音語・擬態語)を感性に変換するシステムとして、当社の感性評価AI Hapinaを活用いただきました。


この感性評価AI Hapinaは、感性的な印象の数値化・評価を瞬時に行うAIで、感性AIアナリティクスなどにも搭載し、感性のものさしとして多くの企業様の研究または事業において活用いただいております。


詳細は以下森永製菓様ニュースリリースをご覧ください。



閲覧数:46回

関連記事

すべて表示

日経クロステック「2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか?」に坂本のインタビュー記事が掲載

日経クロステックActiveに、電気通信大学副学長坂本と日経BP総合研究所 イノベーションICTラボ所長 大和田 尚孝氏による「明日のAI活用を読む 2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか?」が掲載されました。坂本は弊社COOに就任しております。 ぜひご覧ください。 2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか? https://activ

サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

bottom of page