top of page
  • 管理者 感性AI

日経BP総合研究所主催「AIトレンドフォーラム2024 ~ 生成AIの台頭、進化するAIとビジネスの未来」 にCEO秋山が登壇

日経BP 総合研究所主催のオンラインセミナー「AIトレンドフォーラム2024 ~ 生成AIの台頭、進化するAIとビジネスの未来」にて、代表取締役CEO秋山感性に着目してビジネスに新たな付加価値を~AIの活用で広がる可能性~」というテーマで講演いたします。



・イベント名

AIトレンドフォーラム2024 ~ 生成AIの台頭、進化するAIとビジネスの未来

・日時

2024年3月26日(火)13:00~17:25 

・会場

オンライン 参加料無料(事前登録制)

・セミナー概要

生成AIの登場により、AIのトレンドが変わりました。企業は、進化するAIをしっかりと理解し、このビジネスを根底から変えるといわれるゲームチェンジングテク ノロジーを、自社のビジネスに取り込み生かしていくことが重要です。

そこで、日経BP 総合研究所では、専門家や有識者を交えながら最先端のAI情報をお伝えしていくとともに、その活用法やそれによって変わっていくビジネスの未来の姿を解説していきます。

・CEO秋山講演感性に着目してビジネスに新たな付加価値を~AIの活用で広がる可能性~」概要

人の感性は目に見えない曖昧なもの。それゆえ、ビジネスでの活用はいろいろと難しい側面がありました。近年はAIを駆使した「感性の見える化」技術の進歩に加え、生成AIの台頭でその可能性が広がりつつあります。消費者の感性に寄り添った商品やサービスづくりのポイントについて、事例を交えながら解説します。


詳細はこちらをご覧ください。







閲覧数:41回

関連記事

すべて表示

日経クロステック「2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか?」に坂本のインタビュー記事が掲載

日経クロステックActiveに、電気通信大学副学長坂本と日経BP総合研究所 イノベーションICTラボ所長 大和田 尚孝氏による「明日のAI活用を読む 2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか?」が掲載されました。坂本は弊社COOに就任しております。 ぜひご覧ください。 2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか? https://activ

Commentaires


サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

感性AI
bottom of page