top of page
  • 管理者 感性AI

「感性AIアナリティクス」バージョンアップ!言葉の音の響きの印象を無料評価できる「音韻診断」も提供開始


8月10日(木)にマーケティングソリューション「感性AIアナリティクス」のバージョンアップを実施します。

このバージョンアップに伴い、感性AIアナリティクスの音韻印象評価機能の一部を試すことのできるサービス「音韻診断」の無料提供を8月3日(木)に開始いたします。




感性AIアナリティクスは、消費者データを学習したAIが、「ネーミング」「キャッチコピー」「パッケージ」といった商品の重要な要素の感性データを瞬時に出力するイメージ分析AIツールです。新商品開発や既存商品のリニューアル時において、消費者テストや調査の代替手段として活用できるほか、調査実施前のスクリーニングにも活用できます。これにより、商品企画におけるスピードの向上や市場調査コスト軽減・業務効率化を促進すると同時に、消費者の感性に響くコミュニケーションの実現をサポートします。

今回のバージョンアップでは、プロジェクトごとに分析結果を保存できる機能の追加など画面デザインを大幅にリニューアルします。さらに、言葉の音の響きから受ける印象を評価する機能の一部を試すことのできるサービス「音韻診断」の無料提供も開始いたします。

今後も、お客さまからのご要望を反映した機能アップデートや精度向上に向けたAIデータ拡充を継続的に実施し、満足いただけるサービスの提供に向けた開発・改善を続け、ものづくりにおける感性価値創造を目指します。


詳細は以下のニュースリリースをご覧ください。

20230803ニュースリリース
.pdf
Download PDF • 707KB




閲覧数:261回

関連記事

すべて表示

日経クロステック「2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか?」に坂本のインタビュー記事が掲載

日経クロステックActiveに、電気通信大学副学長坂本と日経BP総合研究所 イノベーションICTラボ所長 大和田 尚孝氏による「明日のAI活用を読む 2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか?」が掲載されました。坂本は弊社COOに就任しております。 ぜひご覧ください。 2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか? https://activ

サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

bottom of page