​ウェルネス

場の雰囲気や人々の意図・状態を科学し

​快適で幸せな暮らしを実現します

雰囲気、意図のニュアンス、能力の状態といった捉え所のない情報を見える化・マネージメントする技術があります。生産性・快適性向上、ストレス緩和によるメンタルヘルス向上、共感性促進といった効果によって、快適で幸せな暮らしの実現を行います。

ウェルネスを一緒に実現していける企業様との共同開発も行っています。シナジーを生み出して行けるビジネスパートナー様も募集中です。

関連コラム 共感し、寄り添ってくれるあたたかいロボットの開発

お問い合わせボタン2.pngの複製

雰囲気を科学し

​快適性・生産性を向上させる技術

01

空気感分析

オフィスや日常での会話・会議や、商談シーン、またはコールセンターでの会話などあらゆる場面での空気感を、発話情報・生体情報からリアルタイムで分析。その場の雰囲気の印象を可視化することで、場のマネジメントが可能となり生産性向上、共感促進、ストレス緩和など様々な効果をもたらします。

02

空間の統合制御

空気感分析から出力された感性情報をもとに音楽・香り・プロジェクションマッピングをAIにより自動制御し、空間を演出します。意図する印象、その場に適切な印象へと雰囲気をコントロールすることが可能です。

関連サービス 感性AI空間 FUWAKIRA

サービス導入事例 日本工学院 八王子専門学校様

人々の状態を可視化

​共感し寄り添う技術

01

​意図の可視化

「こんな感じ」「なんとなく」と言った対象者の曖昧な意図を可視化することで、

  理解・共感を促進します。

-痛みの印象可視化

-会話分析

医療現場において、患者は痛みの質を言い表す際に「ズキズキ」や「ガンガン」などといったオノマトペを多用する傾向にありますが、特に医師や看護師が経験したことのない癌のような疼痛を表す際に用いられるオノマトペは新奇性のあるものが多く、医師や看護師の熟練度によっては、オノマトペから患者の主観的な痛みを正確に把握することは困難です。

このように、患者の曖昧な痛みの表現をAIによりを定量的に分析し数値化・可視化するとともに、「ハンマーで殴られるような痛み」「針が刺すような痛み」といった比喩表現への変換することで、診断の迅速化や共感促進を行います。また、実際の言語データと病名の関係性の蓄積により、例えば「ハンマーで殴られるような痛み」はくも膜下出血の疑いが高い、など診断への応用を目指しています。

関連コラム コロナ危機を契機に注目度が高まる「医療面接支援システム」

痛みの印象可視化

ズーン

と痛い

02

状態の可視化

能力や個性を対象者に不快感を持たせることなく簡易的に把握し、可視化します。

病気の早期発見や組織・コミュニティ全体の生産性向上を促します。

-認知症の簡易診断

-パーソナリティ把握

医療現場において、患者は痛みの質を言い表す際に「ズキズキ」や「ガンガン」などといったオノマトペを多用する傾向にありますが、特に医師や看護師が経験したことのない癌のような疼痛を表す際に用いられるオノマトペは新奇性のあるものが多く、医師や看護師の熟練度によっては、オノマトペから患者の主観的な痛みを正確に把握することは困難です。このように、患者の曖昧な痛みの表現をAIによりを定量的に分析し数値化・可視化するとともに、「ハンマーで殴られるような痛み」「針が刺すような痛み」といった比喩表現への変換することで、診断の迅速化や共感促進を行います。また、実際の言語データと病名の関係性の蓄積により、例えば「ハンマーで殴られるような痛み」はくも膜下出血の疑いが高い、など診断への応用を目指しています。

 

 関連コラムコロナ危機を契機に注目度が高まる「医療面接支援システム」

痛みの印象可視化

認知症は、物の形や質感を認知する能力が低下します。この事実に着目し、画像から想起される触質感をオノマトペで回答してもらうことで、認知症早期診断を行える技術を開発しました。(認知症の前駆状態である MCI (軽度認知障害)の段階で発見することができれば、認知症の発症を遅らせたり、進行を抑えたりすることが可能になります。)

認知症の診断には「今年は何年ですか?」といった質問がいくつもあり、能力を測られていると感じる方も少なくありません。そういった不快感を取り除き、寄り添いながら健康管理を行うことが可能になります。また、認知機能はトレーニングにより鍛えることができるといわれており、定期的に取り組むことで質感認知機能を高めるトレーニングとして活用いただけます。

​認知症の簡易診断

つるつる

​ごつごつ

© 2019 KANSEI-AI

  • Facebook