top of page
  • 管理者 感性AI

消費者インサイトを商品開発に活かすためには

「消費者インサイト(Consumer Insight)」は、企業が成功するために不可欠な鍵となる要素です。消費者の深層心理を探り、理解することは、競争激化する市場において企業にとって重要な差別化を生み出す手段となります。では、消費者インサイトとは具体的にどういったものなのでしょうか?



消費者インサイトとは



消費者インサイトとは


「消費者インサイト(Consumer Insight)」は、消費者が自覚していない深層の本音や動機を指します。インサイトとは「洞察」や「本質を見抜くこと」であることから、なぜ消費者が行動や購買を選択するのかを理解することが消費者インサイトの意味になります。消費者は自身の行動のほんの一部しか意識しておらず、商品選択においては「なんとなく」と考えている場合が多くあり、その理由を本人も把握できない無意識のレベルで選択しているケースが多いのです。では、消費者インサイトを発掘していくためにはどうしたら良いのでしょうか?ここで、自由連想法という手法に着目したいと思います。




自由連想法とは


自由連想法とは、無意識下での考えを探るために、意図が無く自然と心に浮かんだことを言葉にしていく手法です。こちらはフロイトによって開発され精神分析の場で利用されています。そして、現在では精神分析の場だけではなく、消費者の心理を知るためにマーケティング・リサーチの場でも利用されているのです。

例えば、健康という言葉から連想される言葉を「ストレス、睡眠、昼寝」と回答して頂き、その連想語群から無意識下で考えていることを探り、こちらを基に商品開発に活かしていきます。



連想語をどのように商品開発に活かすか?


連想語を商品開発にどのように活かしていくのか、もう少し深く考えてみましょう。

例えば、人は新しい情報を記憶するとき、無意識に関連しあうもの同士を網の目のように結びつける機能を備えています。もし新しい情報が連想と紐づかないと、記憶されにくいですし、すぐに忘れられてしまうのです。


消費者インサイトを商品開発に活かす方法

その為、消費者が無意識下でどのような連想を持っているのかを把握し、そのインサイトに合わせて商品の特徴を作っていくことで、より人に必要とされやすい商品づくりをしていく必要があるのです。



消費者インサイトを商品開発に活かす方法



このように、消費者インサイトを得ることで、商品を市場においてより魅力的で競争力のあるものにすることが可能です。自由連想法を通じて得られた情報を正しく解釈し、それを元に商品を開発することで、消費者との深いつながりを築き、商品の受容性を向上させていきましょう。


感性AIでは、ターゲットの属性別にあるキーワードから連想語を出力できるサービスを提供中です。こちらも合わせてご覧ください。




ネーミング、キャッチコピー、パッケージを評価するAI

ターゲット属性別の連想語を出力できる感性AIアナリティクスの詳細はこちら






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



弊社ではこのような技術等を紹介するメールマガジンを発行しています。

購読をご希望される場合は、Contactページからご連絡をお願いします。

Facebookでも情報更新しています!



閲覧数:35回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

感性AI
bottom of page