top of page
  • 執筆者の写真管理者 感性AI

日用品開発で必ずキーワードになる「きれい」とは?世代で異なるコンテクスト

日用品の開発をする際に、「きれい」というキーワードが挙がる場面は多々あるかと思います。しかし、一言に「きれい」と言っても、その言葉を使う人によって前提としている文脈は様々です。そこで、「きれい」という概念は、年代別にどのような文脈で用いられるものなのか、感性AIアナリティクスで年代別に確認してみました。



20代の「きれい」から連想されるワード

●20代の「きれい」からの1次連想語 : 美容、スキンケア、フィットネス、健康、ダイエット、ヘアスタイル、メイク、ファッション、エステ、ネイルアート


→20代で「きれい」から連想される言葉は、「健康、フィットネス、ダイエット」などの健康と美容を目指すような項目と、「美容、ヘアスタイル、メイク、ファッション」など外見をよりよくするための、美容ケアに関するキーワードとなりました。総じて、”美容”に関する言葉が多く連想されています。




40代の「きれい」から連想されるワード

●40代の「きれい」からの1次連想語 : 魅力的、整然とした、清潔、上品、美肌、華やか、若々しい、洗練された、輝く、美しい


→40代で「きれい」から連想される言葉は、大きく2つのグループに分けられます。1つ目は「美肌、華やか、若々しい、輝く、美しく」といった美容に関するキーワードですが、20代と比較すると、ケアに関するワードは少なく美容特性に関する抽象的なワードが出現しています。もう1つのグループは。「整然とした、洗練した、上品」など振る舞いに関するグループが出現しています。



60代の「きれい」から連想されるワード


●60代の「きれい」からの1次連想語 :  清潔、整然、美麗、洗浄、上品、洗練、華やか、美しい、美観、輝く


→60代で「きれい」から連想される言葉は、40代と同じく「美麗、華やか、美しい、輝く」といった美容特性に関する抽象的なワードと、「整然、洗練、上品」といった振る舞いに関するワードが連想されています。そして、60代独自の特徴として「清潔、洗浄」といった清潔さに関するキーワードも連想されています。



このように、年代によって「きれい」という概念は異なる側面で捉えられています。

20代では美容と外見への追求が顕著であり、健康や美容ケアが中心です。40代では美容に加えて、振る舞いや特性に対する価値観が影響を与えています。60代でも美容特性は重要ですが、清潔さと振る舞いに関する要素も目立っており、総合的な美的価値観が表れています。


日用品の開発においては、このように「きれい」というキーワードを理解し、各年代の異なる文脈を考慮することは、ターゲット市場への適切な製品提供につながると考えられます。





パッケージデザイン分析を行える感性AIアナリティクス


 


弊社ではこのような技術等を紹介するメールマガジンを発行しています。

購読をご希望される場合は、Contactページからご連絡をお願いします。

Facebookでも情報更新しています!

閲覧数:38回

関連記事

すべて表示

Comments


サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

感性AI
bottom of page