top of page
  • 管理者 感性AI

競争力を高める生成AIと評価AIの相互補完的アプローチ

更新日:5 日前


生成AIと評価AI

みなさんは生成AIを利用したことがありますか?最近はさまざまな生成AIが開発されていますね。「生みの苦しみ」という言葉があるように、0から1を発想していくのは苦しい作業になりますが、生成AIはその苦しみを軽減してくれるとても便利なツールです。一方、生成AIはとても優秀に感じますが、生成AIが生み出したものが人間の意図にしっかりと叶ったものになっているのかは、しっかりと確認していくことが必要です。





生成AIによるキャッチコピー生成



今回は、最近流行りのチャットGPTを使ってキャッチコピーを使って、感性AIのキャッチコピーをいくつか作成してみました。


生成AIによるキャッチコピー生成


チャットGPTが作成してくれた感性AIのキャッチコピーはご覧の通り。


「心を超える知性、感性AI。」

「人間の感情を理解する、感性を持つAIの力。」

「新しい時代の共感力、感性AIで未来を創造する。」


どれも素敵で、かっこいいコピーですね!

この中から、感性AIの「感性を理解するAIを扱う」という特徴から、人の気持によりそう強みや、AIとして抵抗感を持たれるのではなく、人と共存し人々の幸福を生み出していくというイメージをもつキャッチコピーを選んで行きたいと思います。



評価AIによるキャッチコピー評価


そこで今回は様々な文章を学習している感性AIのAIツールを用いて、そのイメージを定量的に評価してみました。



評価AIによるキャッチコピー評価


まず、総合評価の結果を確認してみると、キャッチコピーから受ける好意度や品質感は3つの中でほとんど変わりませんでした。良い印象を伝えていることは間違いないので、その質について次のグラフで確認してみましょう。



評価AIによるキャッチコピー評価


「人間の感性を理解する、感性を持つAIの力。」「新しい時代の共感力、感性AIで未来を創造する。」の2つは概ね同じ印象の傾向で、快く、安心感や親しみがあり、嬉しい印象です。差異に着目すると「人間の感性を理解する、感性を持つAIの力。」は鋭さと印象の強さが見られるので「感性を持つAIの力」という表現から強い印象を与えているのではないでしょうか。そして「新しい時代の共感力、感性AIで未来を創造する。」は、明るさが突出しており、「新しい時代」や「未来を創造する」という表現から明るい未来を印象付けているのではないかと考えられます。

「心を超える知性、感性AI」は他の2つと比べて少し異なる印象があり、快さ、安心感や親しみの印象が少し低く、鋭さや印象の強さを持っているコピーであるとわかりました。

この中で、人の気持によりそう強みや、人と共存し人々の幸福を生み出していくことが伝わるものを選択するなら、安心感や親しみがあり、明るい未来を印象付ける「新しい時代の共感力、感性AIで未来を創造する。」が一番ですね。


いかがでしたでしょうか?生成AIと評価AIの組み合わせは、創造性と客観性の融合といえるでしょう。創造性を担当する生成AIがアイデアを提供し、評価AIが客観的な指標をもとに選定することで、より効果的で洗練された成果物を生み出すことが期待されます。この相互補完的なアプローチは、ビジネスやクリエイティブなプロセスにおいて、迅速で的確な意思決定を可能にし、競争の激しい現代社会において強力な競争力を発揮するでしょう。







AIについて今さら周りに聞くことが出来ない・・・

そんなあなたに、AIの基礎基本を丁寧に解説致します。





 



キャッチコピーを評価するAI


弊社ではこのような技術等を紹介するメールマガジンを発行しています。

購読をご希望される場合は、Contactページからご連絡をお願いします。

Facebookでも情報更新しています!



閲覧数:69回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comentarios


サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

感性AI
bottom of page