top of page
  • 管理者 感性AI

感性マーケティングとは?体系的に分かりやすく解説!

感性マーケティングとは?


感性マーケティング

感性マーケティングは、伝統的な商品価値における機能や品質に加えて、美的要素や感情的な要素、共感など、五感を通じて体験される感性価値を重要視するマーケティングの手法です。現代において商品がますます同質化する中で、機能や品質だけでなく、感性価値を提供することが消費者にとって重要となっています。感性マーケティングは、商品やブランドに独自性と魅力を与え、競争上の優位性を築くことができます。コモディティ化が進む中で、感性マーケティングはブランド力を強化し、消費者にとって欠かせない価値を提供する重要な手段となっています。では、もう少し体系的に感性マーケティングへの理解を深めて行きましょう。



感性マーケティングの全体像


まずは、感性マーケティングの全体像を確認してみましょう。



感性マーケティング


図では左に企業、右に消費者が表されていますが、企業は消費者のニーズに対して欠乏の補充をする形で商品/サービスを提供します。しかし、ただ機能的な価値を提供するだけでは他社と差別化できないので、企業として表していきたいコンセプトの方向性で感性的なイメージを付与することで差別化を行います。また、消費者の欲求も年々高まっており、ただ欠乏を補充するだけではなく、そのサービス/商品を利用することで得られる体験、共感・感動、自己表現などが求められるようになりました。このような感性的な領域のニーズと供給をマッチさせることがコモディティ化した現代では求められています。感性マーケティングでは、感性価値によってより高い欲求に対する充足を行っていくことが重要となります。






感性価値はどのように人に届くのか?


では、感性価値はどのように人に届くのでしょうか?まずは生理的なメカニズムについて確認していきます。



感性マーケティング


人間は五感、それぞれの感覚受容器で受けた刺激を電気信号として脳に送り、記憶と結びつけ認知することで、さらに感情として処理されます。

例えば、花を見た場合光を通じ目の網膜に刺激が与えられ、その情報が脳にたどり着き色や形を知覚し識別します。そして、記憶と紐づけることで、コスモスの認知することが出来ます。この段階で、知覚されたものが全て認知されるかというとそうではなく、一緒に知覚している土に関して認知はされていないでしょう。そして、認知されたコスモスは記憶情報をもとにきれいなだなと感じられます。






感性価値をマーケティング活動に応用していくには


それでは、感性価値をマーケティング活動に応用していくにはどうしたら良いのでしょう?先程生理学的な認知経路を確認しましたが、マーケティング活動における商品のブランド要素(ネーミング、キャッチコピー、パッケージ、ジングル等)も同じ経路で認知をされます。



感性マーケティング




ここから先については、こちらの動画で詳しく解説致しました。

動画では、感性マーケティングに関わるブランドの定義や、ブランド要素、ネーミング・キャッチコピー・パッケージの扱い方についても丁寧に解説しておりますので、是非ご覧ください。




感性をマーケティングに活かしブランド強化につなげるには



感性マーケティングの解説とともに、感性をブランド強化に繋げる具体的なステップを方法を感性AI CEOが丁寧に解説いたします。







閲覧数:139回

関連記事

すべて表示

תגובות


サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

感性AI
bottom of page