top of page
  • 管理者 感性AI

生成AIの時代を乗りこなすために必要なこと


AI


近年多くの生成AIが生み出されていますが、みなさんは上手に使いこなせているでしょうか?産みの苦しみという言葉があるように、何かを生み出すのは難しく困難が伴う作業ですが、今はその苦しみをAIが代替してくれる時代です。そういった時代で私達人間が意識していくべきポイントは何か、リソースをどこに割いていくべきなのかについて考えてみました。


まずは、最近ではもうお馴染みとなったチャットGPTによって「感性とは何か?」についての説明文を生成してもらいました。結果としては下記の通り。今回は1000文字という比較的長めの文章で、詳しく説明分を生成しています。

 


感性とは

 

みなさんは読んでみてすぐに「感性とは何か?」について把握出来ましたでしょうか。今回例に上げている「感性」という題材がちょっと複雑な概念であるため、すぐに解釈するのは難しかったかもしれません。わかったような気がするけど、結局何だっけ?となりそうな概念ですね。


そこで今回は、この文章を視覚的に分かりやすく表示することを試みてみました。まずは、どんな単語が頻出しているのかワードクラウドで眺めてみます。



感性ワードクラウド

 

なるほど、感性に関連するワードとして「理解」「経験」「反応」「世界」といった要素が挙げられることが直感的にわかります。


次に、同じ文章の中で用いられている単語同士から、共起ネットワークを可視化してみます。ネットワークに表示する単語数を少ないものと、多いもの2つ算出してみました。

 


感性共起ネットワーク

感性共起ネットワーク

 

単語数の少ないものに着目すると、「感性とは世界を理解するためのもの」という最も根幹となる感性の意味が文脈として理解出来ました。単語数を多くしたものを見てみると、右上の方の集団から「個々の経験によって反応が異なるもの」、また左下の集団から「直感的な洞察によって知覚されるもの」といった意味合いも理解できます。



ある程度「感性」について理解できたところで、今度はチャットGPTの示してくれた感性の説明である「感性は知覚と密接に関連しています」という文から、「感性と知覚はどのように異なるのだろうか?」ということが気になりました。そこで次に「知覚」についてもチャットGPTに説明してもらった文章を基に、どのような概念なのか可視化してみました。



知覚ワードクラウド


知覚共起ネットワーク

知覚共起ネットワーク

これをみると、知覚とは「感知した情報を脳に送ること」であり、「その情報には視覚、聴覚、嗅覚など五感からの情報が含まれ」ること、「世界を知覚している」ことがわかります。


また、感性と知覚を説明する文章を比較する機能から、2つの説明文の差分についてみてみると、知覚には情報、視覚、味覚、嗅覚など五感から得られる情報といった意味合いのワードが多く含まれ、感性には人々、経験といった人の経験によって世界を理解するといった意味合いのワードが多く含まれます。つまり、知覚とは外部の情報を五感によって受け取ることであり、感性とは知覚を通して世界を理解し個々の経験によってその捉え方・反応が変わるものということが分かりました。

 


感性と知覚違い

今回のチャットGPTによるアウトプットは1000文字でしたが、生成AIが活躍する世の中では何万もの文字や画像がものすごいスピードで生成されていきます。そのような大量の情報を直感的に的確に理解し、有効に使っていく為には、このような評価・分析AIを用いることがとても有効です。その両方を使いこなし、短時間で大量の情報から有用性を上手に抽出していくことが我々に求められることではないでしょうか。


今回ワードクラウドや共起ネットワークを作成したAIは、感性AIで提供しているAIになります。こちらから無料でトライアルすることも出来ますので、ぜひご覧ください。

閲覧数:62回

関連記事

すべて表示

Comments


サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

感性AI
bottom of page