top of page
  • 管理者 感性AI

感性AIが連携する「DIC 五感と感性の研究所」が新設


DIC株式会社は、ヒトの感性を理論的に数値化し、感性にもとづいた製品・サービスの社会実装とビジネス創出を目指す「DIC 五感と感性の研究所」を11月24日に立ち上げました。

本研究所は、刺激を感知するための感覚機能である「五感」と、習慣や経験、環境要因などのバックグラウンドに裏打ちされる「感性」について科学的に解き明かし、理論的に数値化することで、製品やサービス開発に活用できる「感性テクノロジープラットフォーム」を構築することを目指すもので、

感性AIは、2022年6月から「素材の感性価値定量化による新しい開発手法の研究」を共同で進めています。(参考: https://www.kansei-ai.com/post/news20220615  )


立ち上げに伴い、ブランドサイトがオープンすると共に、ローンチイベントが開催されました。

ブランドサイト

(感性AI 取締役COO 坂本真樹 インタビュー記事

「オノマトペ」を使って感性AIを開発。まったく新しいものづくりの扉を開く


ローンチイベントでは、当社代表取締役CEO 秋山正晴が、

共同プロジェクト発表として「感性価値定量化による素材開発分野における新たな手法の取り組み」というテーマで登壇いたしました。

ローンチイベント詳細



詳細はこちらをご覧ください。





閲覧数:234回

関連記事

すべて表示

日経クロステック「2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか?」に坂本のインタビュー記事が掲載

日経クロステックActiveに、電気通信大学副学長坂本と日経BP総合研究所 イノベーションICTラボ所長 大和田 尚孝氏による「明日のAI活用を読む 2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか?」が掲載されました。坂本は弊社COOに就任しております。 ぜひご覧ください。 2024年、日本企業のAI活用は「危機的状況」を脱し、どこまで進めるか? https://activ

サービスCAT_4.png
CTA.png
facebook-CTA.png
メルマガCTA.png

最新記事

bottom of page