top of page
感性AI用語集

DAGMAR

DAGMARは、広告の効果を評価し、消費者の心理変容を段階的に捉えるためのモデルです。元々はアメリカ広告主協会(ANA)の要請に応じて提案され、経営コンサルタントのColleyによって考案されました。
広告効果階層モデルの一環として、DAGMARは未知、認知、理解、確信、購買の5つの段階で消費者の心理変容を表現しています。未知の時点では、広告は商品やサービスを知らないターゲット層を対象にし、認知を促進します。その後、理解のプロセスでは、情報を適切で理解しやすい形で提供し、消費者の理解を深めます。確信の段階では、信頼性や魅力を伝え、商品やサービスに対する確信を築き上げ、消費者はポジティブな感情や信頼感を抱きます。最終的な購買段階においては、広告を通じて得た認識、理解、確信が購買行動に直結することが期待されます。

用語解説バナー_ブランド価値と感性価値_edited.jpg

​お役立ち資料

CTA.png

サービス

CTA.png
感性AI空間FUWAKIRA

​テクノロジー

ものづくり関連のAI技術
ウェルネス関連のAI技術
用語解説バナー_ブランド価値と感性価値_edited.jpg

無料で可視化

関連用語

音韻診断CTA.png
感性AI

感性AIへのお問い合わせ・

メールマガジン登録はこちら

bottom of page