感性AI用語集

感性情報とは

感性情報とは、ある外界からの刺激に対して、各個人が感じる主観的情報です。刺激が同一であっても、個人の経験や知識により異なる意味づけがなされます。例えば、同じ音楽を聞いても、ある人は「きれいだな」と感じ、ある人は「楽しいな」と別のことを感じたりします。このように、ある刺激に対する個人個人が感じる主観的な情報が感性情報です。

■感性情報の情報処理
感性情報は、脳幹・視床下部・大脳辺縁系を総称する感性・情動神経系にて情報処理が行われます。
まず、五感を通して得られた視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚といった感覚情報は、それぞれに情報処理された後に統合され、脳幹・視床下部にて快いか、不快かの判断がなされます。そして、偏桃体や海馬からなる大脳辺縁系にて、この快・不快の情報から喜怒哀楽の感情が生まれ、好き・嫌いといった判断がなされるのです。感性情報は、このような一連の流れで処理がなされます。

用語解説バナー_ブランド価値と感性価値_edited.jpg

関連資料

用語解説バナー_ブランド価値と感性価値_edited.jpg
感性AI

感性AIへのお問い合わせ・

メールマガジン登録はこちら